3dプリンターと金属加工できる中小企業の可能性

近い将来、金属を加工できる3dプリンターによって、ものづくりの定義が大幅に変化すると予想されています。ものづくりが手作りだけでなく、手作りの技術を保ったまま、安価で大量生産できるようになる可能性が高いからです。商品によっては大手企業と中小企業との違いが少なくなる可能性があります。理由のひとつが、大量生産による作業効率アップによって、単純作業から職人を解放し、より高度で職人でなければ勤まらない技術に集中させられるからです。国内中小企業は海外の大手企業から注文を受ける機会が増えてきています。しかし、1日のうちでできることは人数によって限られていることも事実です。そこで、3dプリンターを導入することで、単純作業だけをプリンターに任せ、より室と効率を高め、作業量のアップにつなげることができると期待されています。

3dプリンターは優秀で、金属などもコピーできる

3dプリンターは現代多くの人に愛用され活躍しています。もちろん金属もきれいにコピーすることができとても便利です。しかし素材は一見固いようですが、壊れる場合のある素材ですし、金属ではありませんので、完璧ではありませんが、かなり重宝しています。そして、アート作品を作るということもできますが、例えば全体想像ですと本人にそっくりに似せて作ることもできますが、アートとしてのプラスα―は不可能となってきます。要するに使い方をしっかりと選択すると、驚くほど素晴らしいものとなってくる、といえます。何事も使い方次第、いいようにも悪いようにも、どちらにも転ぶことができ興味深いです。便利なものはどんどん出てきますが、選択方法にやはりセンスが問われる時代となってきているようです。良心も問われることとなってきています。

3dプリンター革命・金属加工技術で世界へ進出

製造業界に革命をもたらすと評判の3dプリンターは、金属加工技術にまで応用の幅をひろげてきています。ABS樹脂を3dプリンターで加工した型で加工する技術が確立されています。従来、プレス加工は金型を製品仕様に合わせて作るために、コストと期間がかかっていましたが、樹脂を金属プレス機の型とする画期的な技術が現実のものとなり業界にインパクトを与えています。3dプリンターで製作しますので、金属に比べて型の製作に時間がかからず、簡単であるといった特徴があいrます。また、樹脂といった特性から、曲面や複雑な形状の加工に向いています。大量生産には限界がありますが、小ロット部品の製造には十分対応しますので、細かい模様やロゴなどの製作に本領を発揮します。まさに多品種少量生産のニーズに合致した技術であると言って良いでしょう。

注型や鋳造、切削など併用し、そのまま機能評価試験に使用可能な「試験モデル」を納めることが可能です。 金属3Dプリントをはじめ、光造形・粉末造形に関してもご相談下さい。 ものづくりはさらなる発展をむかえようとしています。 試験モデルの実績も紹介していますのでぜひご覧ください。 3Dプリンター40台保有。試作・受託製造承ります。 3dプリンターの試作、金属3DプリンターのことならSOLIZE Products株式会社